歯の天敵「虫歯」についてもっと知りましょう!

虫歯は初期段階では痛みなどの自覚症状がないため、痛みはじめるころにはかなり進行してしまっているということも少なくありません。お口の病気の代表格である「虫歯」は、身近なようでいて、実はくわしく知らないという方も多いのではないでしょうか? 早めに予防・治療するためにも、まずは虫歯の進み方や治療法について知っておきましょう。

虫歯は放っておいても治る病気ではありません。「虫歯かな?」と思ったらすぐに歯科医院へご相談ください。豊島区要町の歯医者「エール歯科クリニック」では、「ミニマルインターベンション」の考え方を重視し、本当に悪くなったところだけを削除・修復することで「歯の寿命をできるだけ縮めない治療」「痛みなどの身体的負担が少ない治療」に努めています。

「ミニマルインターベンション」とは?

当院では、検知液を使って虫歯になっているところを確認します。
それでしっかりと虫歯をとっていきます。

歯の構造について

虫歯の進行段階と治療法

C0 初期の虫歯

症状 虫歯菌が作り出す「酸」によって歯の表面が溶け始め、白く濁って見えます。自覚症状はなく、痛みもありません。

治療法 この段階であれば、適切なブラッシングを行って汚れを取り除いたり、フッ素を塗布して歯の再石灰化を促したりすることで治せることもあるので経過を見ます。

C1 エナメル質の虫歯

症状 虫歯菌によって歯の表面のエナメル質が溶かされ、黒ずんで見える状態です。この段階でもまだ痛みはありません。

治療法 虫歯菌に侵された部分の歯質を削って、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めます。

C2 象牙質の虫歯

症状 虫歯菌がエナメル質の奥の象牙質まで進行した状態です。冷たい物や甘い物を口にすると痛みが走ります。

治療法 虫歯に侵された資質を削り、その部分にレジンやインレー(詰め物)を入れて治療します。

C3 神経の虫歯

症状 虫歯がさらに進行し、神経まで達した状態です。常にズキズキと痛みを感じます。

治療法 虫歯に侵された神経を除去し、内部を洗浄・消毒してからクラウンを被せる根管治療を行います。精密な根管治療によって、抜歯を避けることができます。

C4 歯根の虫歯

症状 神経の奥の歯根まで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうのでたいていの場合は痛みがありませんが、膿が出ると激痛が走ります。

治療法 治療ができない場合は、歯を抜いて入れ歯やインプラントなどで歯の機能を補います。

PICKUP 歯ぐきに隠れている部分の治療をするときの処置


  • 術前

  • 術中

  • 術後

歯ぐきの中まで進んだ虫歯(本来なら抜かなければいけないところを)歯ぐきの上まで引っ張り出して治療をすることにより、歯を抜かずに治療できます。

歯の神経が死んでしまったら~根管治療~

虫歯が進行し続けると、歯の神経が死んでしまいます。その段階(C3)まで進んだ場合は、歯を残すために虫歯に侵された神経を除去し、神経が通っていた根管を洗浄・消毒する「根管治療」が必要です。根管治療は、人工歯を装着するために「トラブルを招かない健康な土台」を作る重要な治療です。精度が悪いと再発と再治療を繰り返すことにつながりますので、経験豊富な歯科医院で治療することをおすすめします。

エール歯科クリニックの根管治療

歯の中にわずかでも虫歯に侵された神経が残ってしまうと、再発のリスクが非常に高くなります。そのため根管治療では、可能な限り神経を残さず取り除く必要があります。

要町の歯医者「エール歯科クリニック」では、再発リスクを減らすために患部を拡大して視認できる「拡大鏡」を使用するとともに、電動の根管治療専用機器と安全かつ確実に根管治療を行うための器具「ニッケルチタンファイル」を採用しています。

根管治療のポイント

根管治療は決して簡単な治療ではありません。自分自身の歯を残すための最後のチャンスであり、最低でも3~4回の通院は必要になります。

根管は器具が入らないほど複雑に細かったり曲がったりしているうえ、形状にも個人差があるため、ノウハウがあってもあまりスムーズに治療することができません。また、虫歯菌は非常にしぶとく、何度もお薬を交換してきっちり殺菌しなければならないので、それが治療に時間がかかる要因ともなっています。

根管治療の重要性と治療の流れ
深さチェック   根管の洗浄   根管の消毒   人工歯の装着
歯の神経を除去し、根管の深さを測ります   虫歯菌に汚染された根管をキレイに洗浄します   根管の洗浄・消毒後、薬剤を詰めて密封します   歯の上から被せ物を入れて完了です

根管治療は、本来なら抜歯しなければならないほど虫歯が進行した歯を残すことができる治療です。どんなに精巧な人工歯でも、本物の歯には及びません。いつまでも自分の歯で噛める人生を送るために、根管治療はとても大切なのです。

症例紹介

根の先の黒い影は、根の化膿を示します。治癒すると黒い影がなくなります。

症例1

  • 黒い影がなくなっています
症例2
  • 症例2-1
  • 症例2-2